金パラ&歯科医療

ここで扱う金パラ価格とは>左下のカテゴリーaa:お知らせ」を御覧下さい。

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


  

RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE

 

カルテの提出義務
■ 190920: カルテの提出義務
| 医療の話題 | 08:24 | comments(0) | - | -
院内掲示の義務

院内掲示の義務

https://dscyoffice.net/DSC/31100.htm

| 医療の話題 | 08:04 | comments(0) | - | -
診療応召の義務

診療応召の義務
https://dscyoffice.net/DSC/30003.htm

| 医療の話題 | 07:47 | comments(0) | - | -
歯科医療と著作権

院内における音楽CDの利用について。

https://dscyoffice.net/DSC/38601.htm

| 医療の話題 | 09:14 | comments(0) | - | -
麻酔薬の比較

麻酔薬の比較

https://dscyoffice.net/DSC/11020.htm

| 医療の話題 | 08:01 | comments(0) | - | -
SSSSとスティーブンス・ジョンソン症候群

 

■ SSSSとスティーブンス・ジョンソン症候群
コミックの表題は「マザコン」だが、内容は「SSSS(ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群」と「スティーブンス・ジョンソン症候群」。作者の2歳の息子の物語。当初はアナフィラキシーなどを疑っていたが、そのうち、目が開けなくなったり、体中がむくんだり、皮膚がボロボロ剥けて真皮が露出したり。医師には、「SSSS(ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群」か「スティーブンス・ジョンソン症候群」かと言われ、「スティーブンス・ジョンソン症候群」なら命にも関わると言われたらしい。「SSSS」は知らなかったが「スティーブンス・ジョンソン症候群」は身近で目にする疾患。うちで処方している薬にもその副作用の記載があるし、私が服用している薬にも。発生頻度は、たぶん航空機の事故確率程度なんだろうが、こういうのを見ると薬を処方するのも飲むのも怖くなる。私はいたって小心者。
物語では幸いに、SSSSで快方に向かうのだが。

| 医療の話題 | 07:23 | comments(0) | - | -
歯周病菌と全身疾患
・ ある人の歯周病菌の種類は、その人の足の動脈硬化部位から採取した歯周病菌と同じ。
・ アメリカの若者に、三週間歯磨きをしないでもらっていたら、血液中の細菌毒素が増えてしまった。リウマチや脳梗塞の疾患部位から口腔細菌関連物質が検出された。がんや認知症にも口腔細菌が関与している。
【白米が寿命を縮める 花田信弘】
| 医療の話題 | 08:20 | comments(0) | - | -
小腸には病気が少ない?

大腸ガンはあるが、小腸ガンはない?小腸には病気が少ない?腸閉塞くらい?【免疫力は腸で決まる! 辨野義己 角川新書】

| 医療の話題 | 12:37 | comments(0) | - | -
SRP

■ SRP

 

・ 以前は、感染除去が最優先だったため、ルートプレーニングはセメント質を剥がしとって、根面を一皮剥ぐ、いわゆる「カンナかけ」だった。その結果、術後の知覚過敏や歯肉の退縮という副作用はやむを得ないとされた。


・ 昨今はMI(ミニマルインターベーション)で、表面に付着している細菌叢を除去することで、「拭き取る」感覚。


【SRPのArt&Science デンタルダイヤモンド】

| 医療の話題 | 12:33 | comments(0) | - | -
口コミサイトへの投稿の削除要求に対する判決

口コミサイトへの投稿の削除要求に対する判決

 

https://dscyoffice.net/DSC/37990.htm

| 医療の話題 | 05:44 | comments(0) | - | -
このページの先頭へ