金パラ&歯科医療

ここで扱う金パラ価格とは>左下のカテゴリーaa:お知らせ」を御覧下さい。

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>


  

RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE

 

疑義解釈 その1

疑義解釈その1

 

http://aohon.dscyoffice.net/gigi/202004.htm

| 保険点数の話 | 12:06 | comments(0) | - | -
歯周病重症化予防治療

歯周病重症化予防治療のワンポイント。

http://aohon.dscyoffice.net/book/onepoint/0005.htm

| 保険点数の話 | 09:06 | comments(0) | - | -
コロナウィルス関連通知

コロナウィルス関連通知

http://aohon.dscyoffice.net/gigi/200310.htm

| 保険点数の話 | 14:07 | comments(0) | - | -
点数改正の答申

保険点数改正の答申がでました。掲載は10時前なので、少しずつ読んでみるかな。

 

以下のページにUP予定。

http://aohon.dscyoffice.net/topics/190901.htm

| 保険点数の話 | 05:49 | comments(0) | - | -
令和02年点数改正の個別項目

令和02年点数改正の個別項目
http://aohon.dscyoffice.net/topics/190901.htm

| 保険点数の話 | 09:24 | comments(0) | - | -
令和2年点数改正の動向

第446回 2020年1月22日(中医協資料)

http://aohon.dscyoffice.net/topics/190901.htm

| 保険点数の話 | 07:33 | comments(0) | - | -
歯科(本体): +0.59%

第445回 2020年1月15日(中医協資料)
令和2年度診療報酬改定について(諮問)

http://aohon.dscyoffice.net/topics/190901.htm

| 保険点数の話 | 05:30 | comments(0) | - | -
年月の西暦表示

レセプトの年月記載が令和2年5月請求分(4月診療分)から西暦表示となるようです。なお、審査機関では「月遅れ請求を考慮し、当分の間、和暦による記録があった場合は受付時に西暦へ変換」との対応を取るようです。http://www.iryohoken.go.jp/shinryohoshu/file/spec/

R02kiroku_gaiyou191226.pdf

| 保険点数の話 | 08:35 | comments(0) | - | -
第442回 2019年12月18日(中医協資料)
第442回 2019年12月18日(中医協資料)
・ 令和2年度診療報酬改定の改定率等について
12月17日の予算大臣折衝を踏まえ、令和2年度の診療報
酬改定は、以下のとおりとなった。
1.診療報酬+0.55%
※1 うち、※2を除く改定分+0.47%
各科改定率医科+0.53%
歯科+0.59%
調剤+0.16%
| 保険点数の話 | 06:49 | comments(0) | - | -
選定療養に導入すべき事例等に関する提案・意見募集の結果(速報)について

第428回 2019年10月25日(中医協資料)
選定療養に導入すべき事例等に関する提案・意見募集の結果(速報)について

 

<歯科>
提案・意見内容理由
・ 唾液検査: サリバテスト等の唾液検査を行い、う蝕のリスク解析を行うことにより、う蝕の重症化予
防効果が高まると考えられるため。
・ ノンクラスプデンチャー: 審美目的。
・ 金属アレルギー患者へのノンクラスプデンチャー: 義歯の使用が必要な金属アレルギー患者に非常に有益であると思われるため。
・ ジルコニアによるクラウンやインレーの作製: 歯科用ジルコニアは経年劣化の影響はほとんどなく、再治療に伴う医療費の支出を抑えられる。金属床総義歯と同様に、CADCAM 冠との差額の費用を支払うことで対応可能であるため。また、インレーについては形成の困難さから新規の算定点数が必要であるため。
・ 歯科金属アレルギー患者への前歯部に対するオールセラミック冠による歯冠修復: オールセラミック冠は、強度的にも審美的にも優れ、歯科金属アレルギー患者にも対応可能であるため。
・ 歯科金属アレルギー患者へのCAD/CAM を用いたセラミックブリッジによる欠損補綴: CAD/CAM を用いたジルコニア等によるセラミックブリッジは強度に優れ、複数歯欠損症例にも対応し得るため。

 

他多数。

| 保険点数の話 | 06:56 | comments(0) | - | -
このページの先頭へ